オンデマンド印刷とオフセット(通常)印刷の違い

 
 オンデマンド印刷とは、「必要なものを、必要な時に、必要な部数だけ」印刷する印刷方法です。 オンデマンドの本来の意味は「要求に応じて」ですが、今では一般的に、高性能のレーザープリンターにより、 デジタルデータを直接読み込んで印刷する方法をオンデマンド印刷と呼ぶ事が多くなっています。 オンデマンド印刷には、従来の一般的なオフセット印刷に必要な、“ 版をつくる” 工程がありません。 製版工程のカットにより出力速度が速くなり、また、少部数でも適正な価格でお求めいただけるようになりました。 オフセット印刷では不得意な多品種少部数の印刷を得意とし、柔軟な印刷が出来ることから、 有効な選択肢の一つとして近年注目を集めている印刷システムです。 
 
 
 
高品位の印刷物をほんの1部、あるいは数部からでも印刷できます。
 
印刷の工程が簡略化され、またトナーインクには速乾性があるため、納期を大幅に短縮できます。
 
製版の工程が省略されるため、低価格でのご提供が可能です。
 
少部数印刷に対応していて、無駄な在庫を作りません。
 
 
 
オンデマンド印刷の品質は年々向上しておりますが、オフセット印刷と比べると若干劣ります。 非常に細かいディティールを必要とする印刷や微妙な色合いの再現を必要とする場合、 オフセット印刷にはかないません。
 
オフセット印刷に使用されるインクは液状ですが、 オンデマンド印刷で印刷に用いられるのはトナー(粉末)です。 粉末よりも液体のほうが粒が細かいため、オフセット印刷のほうが緻密でシャープな印刷が可能になります。 これに比べオンデマンド印刷では、用紙の種類などによっては網点の精細度が落ち、諧調などもうまく表現できない場合があります。 ぱっと見ると問題はないように見えますが、細部を注意して見ると下記の画像のように差が出ます。
 
 
 
 
また、広い面積でベタ(同一の色で均一に塗ること)を使用する場合に、 右の画像のように色ムラが起きやすいことも注意点の一つです。
 
 
 
デジタル出力機のトナーは印刷インクに比べ、摩擦や用紙の折りに対して剥離や割れが生じやすくなっています。 このような状況が想定される印刷物には仕上がりが美しい状態を維持できない可能性があります。
 
 
 
印刷機の進化により年々改善されておりますが、オフセット印刷に比べて一枚ごとの 印刷位置のズレが若干目立ちます。仕上がりラインギリギリのレイアウトなどの精密なデザインの場合、 オンデマンド印刷には向いておりません。印刷・断裁位置の誤差は1.5mmまでを許容範囲とさせていただいております。
 
 
品質につきましては、納期に余裕があれば一度資料請求をしていただき、 お手元で商品サンプルをご確認いただく事をおすすめいたします。
 
 
使用できる用紙に制限があり、サイズもA3サイズ程度までの印刷になります。
過去にオフセットで印刷したデータをオンデマンドで増刷する場合、印刷方式が異なるため、色、濃さなどが同一の仕上がりにはなりません。
10部以下のご発注には、原則的に印刷予備はつきません。
大部数の印刷の場合、オフセット印刷の方が低価格になります。
少部数に有効なオンデマンド、大部数に有効なオフセットとお考えください。
(商品の仕様によりますが、目安として200部がボーダーラインになります。)
 
 
オンデマンド印刷にもオフセット印刷にも一長一短があり、目的はもちろん、
印刷物の質と量、予算により適した印刷方法が変わってきます。
どちらの印刷が向いているかお悩みの場合は、お気軽にご相談下さい。